VIVANTヴィヴァン 第7話のネタバレあらすじと第8話の予告 感想と考察

VIVANTヴィヴァン

PR 本ページにはプロモーションが含まれています

堺雅人主演のTBS日曜劇場【VIVANT】(ヴィヴァン)第1話が2023年7月16日からスタート、毎週日曜日夜9時より放送されます。いよいよ終盤に差し掛かりました。ノゴーン・ベキ率いる「テント」と言う組織の全容が明らかになるのか?

この記事ではVIVANT(ヴィヴァン)全話のネタバレあらすじ・感想・出演者・などについてまとめます。今回は第7話、国家に危機を未然に防ぐため、別班のチームが結成されました。

\31日間の無料お試し視聴ができます♪/

VIVANTヴィヴァン 第7話のネタバレあらすじ

前回のお話―――
乃木と乃木の別人格Fが現れた時のエピソードが語られました。家族の愛を知らずに育った乃木がテントの首謀者であるベキに自分に対する愛があるかどうか確かめたい、と言いますがFは猛反対します。

ハッカーのブルーウォーカー太田を1億円を払って保釈させ、アリから預かったコードを解読させてサーバーデータを入手します。そのデータの中身は驚くべき内容が保存されていました。その内容は次回明らかに???

第7話 ネタバレあらすじ 別班と公安それぞれの作戦会議

別班の司令・櫻井里美は国家危機を防ぐため、乃木や黒須ら6名の精鋭部隊を招集します。テントが日本を最終の標的にしている事を探り当て、テントの首謀者ノゴーン・ベキが乃木の父親であることを明かしました。

乃木はテントの資料にあったマークと乃木家に伝わる家紋が酷似していたことなどから自分とノゴーンの関係性を調べたのです。

ノゴーンと対峙したとき乃木にためらいが生じるのではないか?と他のメンバーから乃木を作戦から外したほうがいいのではないか、と意見が出ましたが櫻井はテントのことを熟知している乃木をリーダーとして任務を任せると宣言しました。

一方、公安でも作戦会議が開かれていました。最大の謎はバルカで内乱に巻き込まれて死んだとされていた乃木卓の遺体が発見されないまま、その後目撃情報があった事から生きている事が確認されていたが、公安はそれを報告しなかったことです。

考えられるのは、公安が何らかの事情で乃木卓を見捨て、乃木卓もそのことに気が付いていたとしたら?

妻も子ども(実際には憂助は生きていた)も殺された、公安に裏切られた卓が日本政府に恨みを抱いたとしてもおかしくはありません。

公安での会議で新庄が「乃木は別班として父親を追っていたのでしょうか?」と発言します。乃木が別班であることは野崎も公安部部長の佐野も公表していませんでした。

なのに、乃木が別班だと新庄が言い切ったことに「なぜそう思うのか?」と聞き返した野崎は、新庄に対して何らかの疑問を感じたように見えました。

佐野は、そのことを否定しつついずれにせよ乃木を徹底的にマークすればテントにたどり着く、と乃木から目を離さないように指示を出します。

第7話 ネタバレあらすじ ついに名前が判明!その名はノコル

別班が保釈させたハッカーの太田のデータ解析によりテントの通信手段を解明する事が出来ました。音声通話データによると、ベキが最も信頼を置く幹部がノコル(二宮和也)と言う人物でベキの代わりにすべての支持を出している事、実質のナンバー2であることがわかりました。

そのノコルがロシアの反政府武装組織”ヴォスタニア”のと会合に姿を現すとの情報を得ました。正確な場所は分からず、直前の座標指示があるということなので別班の作戦としては、”ヴォスタニア”に成りすまして近づくしかありません。

一方でベキとノコルらはアリ・カーンが姿を消したことを知りました。アリにつけていた見張りらが殺害されたことから、アリと家族が捕らえられたこと、アリに近づいていたのが日本人だったという情報と、法を無視した手口から公安の仕業ではなく「別班」と確信したのです。

迫ってくる別班の脅威にベキが下した決断は場所を移動することでした。
「ここを引き払う」

第7話 ネタバレあらすじ 薫との恋のゆくえ

乃木と柚木薫はお互いの気持ちを伝えあいましたが、乃木はこれから任務に赴くことで薫とは会えなくなるかもしれないと、あえて連絡を取らないようにしていました。

野崎はジャミーンの見舞いに病室を訪れていました。薫が乃木は忙しそうで連絡も取れない、とこぼしているとそこに乃木がやってきます。

Pinoko
Pinoko

乃木は野崎がいることに驚きましたが、お互いに「別班」だと素性がバレていることを知ったうえで会うのは初めて。目に見えないパワーの押し合いがありましたね。

突然乃木が現れて驚きますが、連絡をくれない乃木にちょっと怒っている薫。ですが、この後会う約束ができて嬉しそうです。

その夜、2人はともに過ごし関係を深めていきます。

第7話 ネタバレあらすじ バルカへ

乃木がバルカに向かう機内に野崎とドラムが同乗してきました。驚いて「お仕事ですか⁉」と聞く乃木に「しらじらしいなぁ」と言い返す野崎。ドラムは病室で撮影したジャミーンと薫のツーショット写真を渡しました。

おまえの立場じゃ、普通の恋愛はできないよな、と言う野崎は乃木のことをとても気にかけている様子です。

その理由は任務中に亡くなったしまった野崎が可愛がっていた後輩に乃木がよく似ていたからでした。

Pinoko
Pinoko

これまでのエピソードの中で、野崎と乃木の関係性が何度か気になったシーンがありました。野崎が乃木を見る目が身内を見るような親愛に満ちた印象だったのはこれが原因だったのですね。

全部終わったらちゃんと先生のところに戻ってやれよ、と言う野崎の手にそっと手を重ねて「あなたは鶏群の一鶴眼光紙背に徹す(けいぐんのいっかくがんこうしはいにてっす)」と伝える乃木。

その意味はとは日本のことわざで、『平凡な人々の中に優れた人が1人いて、その人は目で見た物や考えたことを素早く理解する』ということを示します。乃木は野崎に対して公安の中で一線を画し、圧倒的な能力を持っている、信頼しているということを伝えたのです。

バルカについて乃木はチンギスと再び再開しました。旧友に会ったような二人でしたが野崎から連絡を受けていたチンギスは乃木の荷物に前もって発信器を仕掛けたのです。

乃木を尾行するチンギスら、一方で発信器を仕掛けられることぐらい百も承知の乃木らは別班のチームと協力して尾行をまきました。ドラムにも別の発信器を仕掛けられていた乃木ですがそれも把握済み。

第7話 ネタバレあらすじ バルカで展開された作戦の結果は?

乃木たちはロシアの反政府武装組織ヴォスタニアを奇襲し、彼らに成りすましてテントと接触します。乃木は素早くノコルを捕らえて人質にし、他の部隊メンバーはテントの残りを制圧しようとしますがここで急展開を見せます。

「取り押さえろ」と言う須崎らに向かって突然乃木が発砲したのです。須崎以外のメンバーを射殺しノコルに投降します。

内輪もめか?殺せ」と指示するノコルに「自分はベキの息子だ」と打ち明けるとノコルは不可解な表情を浮かべますが、乃木を捕縛し意識のあった黒須とともにテントのアジトへ連行します。

アジトに連行され牢に収容された黒須は、なぜ仲間を攻撃したのか、これも作戦の一部なのか?と乃木が問い詰めます。

しかし乃木は「父親のベキに会いたい一心から独断で取った行動だ」と説明すると黒須は乃木の言葉に激昂し激しい怒りをぶつけます。

その時、テントのリーダー・ベキが姿を現し、乃木は40年ぶりに父と再会するのでした。

VIVANTヴィヴァン第8話の予告

乃木(堺雅人)たち別班はテントの会合に潜入し、ノコル(二宮和也)を捕らえる。しかし、乃木は次の瞬間、別班の仲間を次々と狙撃するという衝撃の行動に出た。別班、ひいては国を裏切ってまでも乃木が果たしたい“想い”。そして訪れる父・ベキ(役所広司)との40年越しの再会…。
別班を裏切った乃木、テントのリーダー・ベキ、幹部としてベキを支えてきたノコル、それぞれの想いが絡み合い、予測不能な物語が紡がれる。

https://www.tbs.co.jp/VIVANT_tbs/story/

毎回毎回、伏線の回収が間に合いませんが7話で更に絡み合った関係が、解明されるどころかますます深みにハマっていって、誰も浮上できないんじゃないか?とすら思えてきます。

8話でこの予告、「二人の息子 血か縁か 試される父の愛」と言うキャプションから予測されるのはノコルは実の息子ではなく、テロの結果親を亡くして「縁」でつながった息子、乃木は「血」のつながった実の息子。

腹心の部下となった息子と、敵対する組織に身を置く息子、2人の間で試される父の愛、ということなのでしょうが、それだけではないでしょう。

テントがどんな組織なのかはまだ明確にされてはいません。各地を爆破させている組織とはやはり思えません。6話で予測した通り、テロ被害に遭った人々や街を救済するために資金集めをしている組織であってほしいです。

VIVANTヴィヴァン 第7話の感想と考察

早い目のふれておきたいのは乃木と薫の恋の行方ですかね~。このハードなドラマにはあまりにも不釣り合いな恋愛要素、キスシーンはいらない、と思った硬派な視聴者の方もおられたのでは???

しかも乃木は童貞だったってことが白日の下にさらされました。別班なら恋愛もお手の物でジェームスボンドのように女を手玉に取って利用する、くらいの方が合っている感じでしたが、ガチの童貞でしたね。別班と恋愛があまりにもかけ離れすぎて、設定が甘いと感じました。

ここまでの描き方は必要なかったかもですが、乃木の心の支えになるという意味では薫やジャミーンの存在はあってもよいとも思いました。

ただし、最後までジャミーンと薫の役どころが見たままなのかは分かりませんが。

バルカへ向かう機内での乃木と野崎のやり取りは意味深でしたね。すごく遠くを回って野崎に何かを伝えようとしていたのはわかります。

それがハリーポッターがものすごく好きだという野崎に「スネイプ社」との取引で、と言った乃木。ただこれもいかにもな感じで、終盤に近付いて、制作陣もちょっとひねりが足りなくなったのかなという印象を持ちました。

そしてまさかの乃木の裏切り!テントの懐にがっつり入り込むために一芝居打ったのだと思いたい!別班の仲間も射殺されたように見えたけど、実は空砲だったとか?

ドラムが仕掛けた発信器をまた起動して居場所を知らせ、野崎らがやってくるように仕向けていたので別班のメンバーは彼らに回収させて、黒須だけを連れて行くようにした!のだと思いたい。

そして実際にテント内部まで侵入に成功しました。黒須は本気で怒っていたけど「敵を欺くには見方から」という典型的なマニュアルに添ってやっている?

最後に、アリが姿を消したことで別班が出張ってきているのか?と予測して場所の移動を命じたベキ。その後に家族写真を見ているベキを遠くから見つめるノコルの複雑な表情が写しだされました。

ベキの息子として、また組織のナンバー2としてベキのそばでずっとベキを支えてきたノコルの前に実の息子が現れたことはノコルにとっては青天の霹靂だったでしょう。

これまで注がれたベキの愛を失うかも、ナンバー2の座も奪われるかもしれない、乃木の存在はノコルにとっては邪魔でしかありません。次回の第8話では乃木、ノコル、ベキの関係性が明らかになる事でしょう。

VIVANTヴィヴァン見逃し配信を見る方法

堺雅人主演のTBS日曜劇場【VIVANT】(ヴィヴァン)は毎週日曜日午後9時よりTBS系列で放送されていますが見逃したという方もご安心を!

見逃し配信は国内最大級の見逃し無料配信動画サービス、TVer(ティーバー)で見ることができます。

もしくはU-NEXTでご覧いただけます。アカウントをお持ちでない方はぜひこの機会にU-NEXTに加入して豊富な作品、漫画、書籍、ライブなどをお楽しみください。

U-NEXTの月額利用料は2189円(税込み)となっており、他の配信サービスよりも高い、というイメージがありますが、継続する事で毎月もらえるポイントが1200ポイントと多く、配信されている映画やドラマも他にはないものが多くありますので、おススメの配信サイトです。

U-NEXTの配信本数、見放題作品について

見放題動画27万本、レンタル動画4万本を配信しております。(2023年12月時点)
「31日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。
・月額プラン2,189円(税込)が31日間無料
・600円分のU-NEXTポイントをプレゼント
上記特典を利用することで、見放題動画を31日間無料でご視聴が可能です。

「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、
1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。
注)無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。

本ページの情報は2023年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

VIVANTヴィヴァン 第7話のネタバレあらすじ 感想と考察のまとめ

VIVANT第7話では乃木を別班のチームリーダーとしてバルカ入りし、ナンバー2であるノコルに接触し確保する作戦を展開します。乃木はノコルとの接触に成功すると別班チームを裏切りノコル側に付きます。そして生き残った須崎と一緒に捕らえられテントの拠点に連行、監禁されました。

そしてついにベキとの対面を果たす乃木…。親子としての関係性は回復するのか?

\31日間の無料お試し視聴ができます♪/

                         〈Pinoko編集局〉

コメント